BLOG

熱中症対策!効果的な水分補給💧

こんにちは!
外苑前/表参道エリアでパーソナルジム QUALITASを運営する櫻井です!

やはり毎日暑いですね!皆さんちゃんと水分補給していますか??

夏は熱中症対策で水分補給を心がけている方が多いかと思いますが、水分補給にもより効果的なやり方が存在します。

そんな水分補給の正しいやり方を説明していきます。


水の働きとは?

人間の体はおおよそ60%が水でできています。
体内での水は、食事の中に含まれる栄養素を吸収しやすいよう分解したり、血液やリンパ液となって
酸素などを体中に運ぶ働きを担っています!

水」の画像・写真素材を無料ダウンロード(1)背景フリー素材 BEIZ images

また、水は1gあたりの物質の温度を下げるために必要な熱量が高い物質で、
冷めにくく温まりにくい性質を持っています。

このため、人の体の体温を一定に保つ役割もあるのです。暑い時に汗をかくのもこのため!

私たちは1日におおよそ2.4リットルの水を入れ替えています。
水を飲んだり、食事と一緒に体の中に入ってくる水が1日およそ2.1リットルで、
残りの300ミリリットルは細胞の代謝の時に発生する代謝水というものです。

反対に体外に出ていく水は、尿や便、呼気、汗などによって2.4リットルほどになっています!

人の体は水分が出ていく量、入ってくる量を一定に保つシステムを持っています。
そのため水を飲みすぎた時はトイレが近くなったり、水をあまり飲んでいない時は尿意を感じないことが多いんですね!


水を飲む量とタイミングは?

「1人が1日に飲む量は2リットル」という言葉はよく耳にすると思います。

これは平均的な水の量で、正しくは「自分の体重の4%」が最適!

体重が50キロの人では2リットルが適切ということ!自分の体重でも計算してみてください!

ですが注意したいのは、自分に合う水の量を一気に飲んでしまうこと。
それでは効果が薄れてしまいます。

喉が乾いた時に水を飲む人が多い印象がありますが実はそれではすでに脱水症状を起こしています。

水はこまめに、喉が乾く前に少しずつ飲むのが1番効果的!

でもそんなの忘れちゃう…
そんな時は、起床時、運動・食事・入浴の前後や寝る前に飲むように意識付けてください!


水の効果

水の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

水を飲むことは健康維持だけでなく、なんと美容面でも効果的!!

健康面では血液をサラサラにすることにより健康寿命を伸ばす効果が期待できます。

また、デトックス効果もあり、体内の毒素排出や便秘改善効果も期待できます!

美容面では基礎代謝量のアップや、内側から肌にうるおいを与えることによる美肌効果も期待!
乾燥肌やシミ、小じわ、たるみの緩和にも役立ちます。胃の中に水分を入れることで満腹感を得るため、
食欲を抑制することもでき、ダイエットにも効果を発揮します。


飲み過ぎには注意!

水に良い効果が多くありますが、くれぐれも飲みすぎないように注意してください
水を飲みすぎると、水中毒を引き起こす可能性も?
水中毒はまずむくみとして現れます。

顔のむくみや足のむくみが主で、水の飲み過ぎで胃がたぷたぷするのも水中毒の症状です。

中度になると倦怠感や頭痛、鼻水、くしゃみ、下痢など風邪に似た症状が現れます。

重度になると痙攣や昏睡状態を引き起こす可能性もあり大変危険!⚠︎
自分の体重の4%が目安となりますが、これ以上は飲まないように意識するようにしましょう!


ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスン申し込みはこちらから↓

体験レッスンの概要を知りたい方はこちらのブログをチェック↓
http://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/blog/2020/11/17/qualitasの体験レッスン

 

南青山店HP→ https://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/
神楽坂店HP→ https://kagurazaka.qualitas-conditioning.com/
メインHP→ https://qualitas-conditioning.com/

Kirei by QUALITAS HP→ http://kirei-qualitas.com/

 

関連記事一覧